このページの先頭です

キャップは子どもたちの健やかな成長を大切にしながら、受験の成功を目指す塾です。

April

中学受験の勉強に無理なく対応できる子どもを育てるCAPの低学年指導

 

CAP脳力開発では、単なる受験のための先取り学習ではなく、まずはそれぞれの科目を好きになり、興味を持って主体的に学べるようになることに主眼を置いて授業を行っています。
何 よりも子どもたちが楽しく学習に取り組めるよう、担当講師は子どもたち一人ひとりの個性に合わせて対応するよう心掛け、それぞれの子どもたちの持つ、興 味・関心を最大限に引き出していきながら、発達段階に合わせて無理なく着実に思考力、表現力、センスを養成していきます。

 

例えば算数においては?

 

子供たちが持つ様々な能力のうち、算数の学習という場合で特に重要である「注意力」「集中力」「規則性の発見力」「全体把握力」
「イメージする力」「判断力」などは、子どもの成長過程において後天的に伸ばす事が出来ます。それらを伸ばすことを目的として作られたのが「キャップ能力開発算数」です。

アルファ学習

dummy01.jpg

入試問題をベースにし、算数に必要な思考力・分析力・図形感覚などのいわゆる

「センス」といわれる部分を効率的に育成します。

パズル、折り紙、三角定規な どの教具を使用し、実際に手を動かして作業を行う学習が中心となりますので、

抽象的な概念が未発達な生徒でも楽しく主体的に学ぶことが出来ます。

 

 

 

 

マスター学習

 

dummy02.jpg

 

「ゆとり教育」の弊害による学 力低下が現実のものとなった今だからこそ、

しっかりとした算数の土台をつくるため、CAPでは旧学習指導要領に準拠した学習内容を確実に定着させていきま す。

また、その学習を通して学校の授業と家庭だけでは身につきにくい、正確さとスピードそして丁寧さといった、

学習に向かう上で最も大切な姿勢そのものを 育成していきます。

 

トレーニングメニュー

3年生になりますと「トレーニングメニュー」というものをお渡しして家庭学習の状況をチェックいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップへ